“00系 豪雪型” と “14系 取回しスイスイ型” の比較

2013年冬から販売の新機種 “14系 取回しスイスイ型” は、先端を見え易くし取回し楽々。豪雪地域以外はこちらをお薦めします。とにかく取回しが楽です。
(幅と奥行きは、 “00系 豪雪型” と同サイズ。高さのみ 14系は低くしました。積載容量は従来型の約80%)

00系と14系の違い

↓ 14系 取回しスイスイ型 オペレーターからのスノーバケット先端の見え方(オペレーターは標準座高として)

2014年10月1日からの新名称

2013年までのスノ−バケット
 → 00系 豪雪型
※日本有数の豪雪地帯である新潟県魚沼地域などでご使用の場合は、00系を推奨いたします。

新型スノ−バケット14系
 →14系 取回しスイスイ型
※積雪が1m以下の地域には14系を推奨いたします。

橘工芸 "スノーバケット® " の使い方

1 タイヤチェーンを前輪に取付けます。
"スノーバケット® " を装着します。
スノーバケット 装着方法
2 マストを最大限 前傾します。
3 バケット先端エッジが接地するまで、バケットを下げます。
先端エッジが接地しますと、マストを上下するチェーンが少し緩みます。マンホールのふた、除雪スペースの凸凹、突起物が心配であれば、ほんの少しだけバケットを上げます。
バケットの先端が見えなくても大丈夫です。感覚はすぐにつかめます。
4 そのまま、前進します。
突起物が無ければ、バケット先端エッジを地面に擦りながら前進しますので、雪が少なければ「ガラガラ」と音を立てながらの走行になります。
5 雪が少なく、そのままどんどん前進できるようであれば、所定の位置まで雪を集めます。(弊社では「プラウとして使用する」と表現しております)

積雪量が多ければ、勢いをつけて前進します。フォークリフトが動かなくなるまで前進し、マストを後傾させ、バケットを上げて後退します。そして、雪を捨てる所まで運びます。

落雪時は、バケットを上げて、マストを最大限前傾し、フォークの上下レバーを大きなストロークで早く操作し、バケットを揺すります。バケットが振動すると「カラカラ」と音がします。コツとして、バケットの位置が高い方が効果的に振動を与えることができ、スムーズに雪を落とすことができます。
6 バケットを下げて、繰り返し除雪します。

スノーバケットが耐久性に優れ、本格的な除雪ができる理由

仕様例 (2トン標準フォーク用 00系 豪雪型)
サイズ 1300mm(W)× 1100mm(D)× 900mm(H)
質 量 約240kg
仕 様 スチール+塗装仕上げ
付属品 連結ピン

【00系 豪雪型の特長】
新潟県魚沼地域などの豪雪地域やトップページのように雪壁を崩して除雪される場合に適しています。
00系 専用オプションの先端の見える仕様にしない限りオペレーターから先端エッジは見えません。

00系 専用オプション 先端の見える SNOW BUCKET

スノーバケット本体価格 + ¥17,000-(税別)

ドライバーからSNOW BUCKETの先端(エッジ)が見えるので、フォークリフトで除雪作業を行なう初心者や、障害物の多いスペースでの除雪もこれで安心。

フォーク長 1220m/m 以上のバケット形状

フォーク長 1220m/m 以上用は、フォーク差込み部分が上記の形状になります。

バッテリー車をお使いのお客様へ

バッテリー車で弊社スノ-バケットをお使いいただくユーザーさまは多くいらっしゃいますが、モーター及びバッテリーに通常よりも負荷がかかることをご承知ください。
除雪が原因でモーターに不具合が発生した事例は、今現在いただいておりませんが、念のためお伝えいたします。

万一、モーターに不具合が生じた場合でも弊社では責任を負い兼ねますので、あらかじめご了承ください。

また、バッテリー車でチェーンを巻くことができない機種もございますので、事前に各フォークリフトメーカーにお問い合わせください。

フォークシフター付フォークリフトをお使いのお客様へ

フォークシフター付フォークリフトでのスノーバケットによる除雪作業の場合、 構造上 シリンダーに負荷がかかることをご承知ください。
除雪が原因でシリンダーに不具合が発生した事例は今現在はいただいておりませんが、 念の為お伝えいたします。

万一、不具合が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますので、 あらかじめご了承ください。

ご注文フォーム ボタン

その他 コンテンツ

会社案内

称 号

株式会社 橘工芸

住 所

〒940-1151
新潟県長岡市三和1-1-9

TEL.0258-33-2362
FAX.0258-33-2385

営業時間

平日 9:00~17:00
※弊社休業日は除きます。